水宅配のメリットとデメリットは?

水宅配、最近ではさまざまな場所で見かける。
個人宅で購入している場合もあるでしょうし、また会社で購入という場合もあるでしょう。
そんな水宅配、何がメリットで何がデメリットなのか、ちょっと考えてみましょう。
メーカーが提供する水宅配、当然"水"が商品なのですが、一言で水と言ってもいろいろと種類があるようです。
まずよく聞くのが"天然水"。
湧き水や鉱泉水を原料としています。
他にも、"RO水"というものもあります。
これはROフィルターという特殊なフィルターで濾されたもので、いわゆる純水であったり、またそこから人工的にミネラル分を加えたもののことをいいます。
このように、水宅配で購入できる水の種類にはいくつかあり、さらにメーカーによって水の成分も変わってきます。
そのため、水宅配は用途に応じて選べるというメリットがあります。
また、多量に買えば買うほどコストパフォーマンスがあがるというメリットもあるでしょう。
個人宅用はもちろんのこと、事業向けで購入すれば、よりパフォーマンスが高くなります。
ではデメリットですが、実際デメリットと呼べるほどのものはないように思います。
あえて言えば、その容量でしょう。
というのも、どのメーカーでもボトルにつき12Lであり、あまり使用頻度が少なければ、わざわざ水宅配をする必要はないのかもしれません。
ただし、通常のペットボトルサイズでの販売もされており、そちらで購入すれば、やはりデメリットはないのでしょう。
さくらウォーター口コミ悪い